キャッシング お金借りる 金利 利息

キャシング入門サイト|お金を借りるにはどこから始めれば良いの

消費者金融系と銀行系のカードローンの違い

 

カードローンは銀行系ローンと消費者金融系ローンとがあり、貸付条件に違う部分があります。

 

これらのカードローンの内容で違うのは、消費者金融系の金利と銀行系の金利が大きく変わってくることです。

 

カードローンの金利については、銀行系の方が金利が安く設定されている傾向があります。

 

もしも可能であれば、低い金利で融資が受けられる銀行系カードローンがいいでしょう。

 

銀行カードローンの中には、2%から10%ほども金利が低いことがあります。

 

銀行系と消費者金融系は、審査のやり方についても差があります。

 

カードローンを消費者金融系から利用しようとする場合、審査が早いのが大きな利点です。

 

審査結果が出てから融資までもスピーディです。

 

一方、銀行系カードローンでは、審査の結果が出るまで、何日間か待たされることが少なくありません。

 

できるだけ早く融資を受けたいと考えているような人は、銀行系カードローンのように審査に時間がかかるとつらいでしょう。

 

金利が無利息になる期間を設けている消費者金融系に比べて、銀行系は無利息キャンペーンといった特典は用意されていない場合が殆どです。

 

大口の融資が受けられて、金利も安いことが銀行系カードローンのいいところですが、
その半面、審査に時間がかかる上に必ずしも審査でOKが出るとは限らないというネックがあります。

 

一分一秒を惜しむ勢いでお金を用立てたいと思っているのでない限り、銀行系カードローンに申込みをして、低い金利でお金を借りるといいでしょう。

 

カードローンの利用可能な金融会社は色々あって、貸付条件は会社ごとに違っています。

 

事前に入念に情報を集めておくことで、自分にとって使いやすいカードローンを選ぶことが大事です。

 

 

この記事に関連する記事一覧




サーチ
テーマ
最近の投稿