キャッシング お金借りる 金利 利息

キャシング入門サイト|お金を借りるにはどこから始めれば良いの

未成年者でも発行可能なクレジットカード

 


未成年者で、年会費のかからないクレジットカードを発行してもらいたい人は多いようです。

 

未成年でもクレジットカード発行の申し込みは可能ですが、18歳になる年の4月2日を過ぎてから発行が可能です。

 

たとえ正社員として働いている人でも、20歳以下の未成年で収入が安定していないと、保護者の同意が必要です。

 

この場合、クレジットカード会社が、申し込み者の保護者に向けて直接連絡を取ります。

 

独力でクレジットカードをつくろうとしても、未成年のとわかれば、保護者に連絡がいくのです。

 

インターネットのショッピングではクレジットカードで支払うことが多いため、未成年でもカードが必要になります。

 

また、海外に留学や旅行を計画しているという人も、クレジットカードが欲しくなります。

 

大学生と高校生の差

大学生がクレジットカードをつくりやすいように、審査の利便性が高かったり、様々なサービスが展開されていることもあります。

 

大学生がクレジットカードの申し込みをした場合、親は子を大学に入れる余裕があったことになりますので、その時点で信用が上がります。

 

高校生がクレジットカードを持ちたいといっても、対応している金融会社はありません。

 

16歳以上が使えるデビットカードはありますが、年会費がかかります。

 

一般的なクレジットカードの仕組みと違って、デビッドカードでお金を支払っているのは、顧客本人の口座からという形になります。

 

成人前から、クレジットカードを発行してもらうことは可能ですが、保護者の合意や、細かな年齢制限など、いくつかの条件は存在しています。

[Sponsored Link]

 

この記事に関連する記事一覧

サーチ
テーマ
最近の人気記事