キャッシング お金借りる 金利 利息

キャシング入門サイト|お金を借りるにはどこから始めれば良いの

キャッシングの法改正について

 


2010年の6月に改正された貸金業規制法によって、様々な効果がありました。

 

グレーゾーン金利が撤廃され、低金利での融資になりましたが、その分、審査のハードルが上がりました。

 

客数が激減してしまったというキャッシング会社も、中にはあると言われています。

 

これまで軽い気持ちでキャッシングを利用してきた主婦のキャッシングが、法律に影響で融資を受けづらくなり、借入金額についても制限がつきました。

 

キャッシングの法律が見直されるまでは、融資をするかどうかは、ほとんど金融会社の判断次第でした。

 

他社のキャッシングを利用している時に、別のキャッシングを利用できるかは、金融会社の判断次第でした。

 

審査のハードルが低い金融会社ほど、高金利の融資を行っていたため、多重債務者にとっては苦しい状況になりやすく、自己破産者が社会問題にもなっていました。

 

キャッシングに関する法律が見直されたことで、借入金額の合計は年収の3/1以下になりました。

 

もしも、年収が240万なら、キャッシングで借りていい合計金額は80万円までとなります。

 

もしも、複数の金融会社のキャッシングを利用しているならば、その合計金額が年収の3分の1以下でなければいけません。

 

キャッシング会社も、審査をする時に、他のキャッシング会社の利用状況を確認して判断をします。

 

キャッシングに関する法律が見直されたことで、返済不能に陥るリスクは軽減されましたが、その分だけ、融資が受けづらくなっています。

 

実質、仕事についていない人は、融資を受けられなくなりましたので、職を失って仕事を探している人は、キャッシングが使えません。

 

現金を調達したいという時に頼りになる存在だったキャッシングですが、法律の改正によって、借り入れが困難になっています。

 

[Sponsored Link]

 

この記事に関連する記事一覧

サーチ
最近の人気記事