キャッシング お金借りる 金利 利息

キャシング入門サイト|お金を借りるにはどこから始めれば良いの

法人カードの特徴と審査基準を分析する

 

法人カードとは会社や個人事業主などの法人に対して発行されるクレジットカードです。

 

基本的に法人カードには使用者の個人名の他に会社名が刻印されているという特徴があります。使用者は社長や社員たちで、複数存在する場合があります。複数の社員がクレジットカードを使用した場合でも、引き落としは法人名義の口座で行われます。

 

法人向けのクレジットカードは中書企業や個人事業主の場合にはビジネスカードと呼ばれています。一方大企業向けのクレジットカードはコーポレートカードと呼ばれます。

 

法人カードのメリットを分析すると、まず現金出納を効率化できます。

社員が数名いる場合に、出張や接待などの経費を仮払いしたり立て替える必要がありません。また経理業務も効率化できます。クレジットカードで経費を精算すると利用明細書に記載されます。

 

利用明細書はカードごとに発行されるので使用者と使用日時を容易に特定できます。経理担当者にとって業務を効率化できるメリットがあります。さらに支払いを一本化できるので現金で精算する場合のように小口現金を容易する必要がありません。銀行振込の手数料も不要となります。

 

 

法人カードを取得するのに必要なこと

 

法人カードの審査基準としては基本的に設立から3年以上で、2期連続の黒字決算が必要という特徴が存在します。また固定電話の有無も審査基準として重要です。

 

法人カードは複数の社員が使用するため利用額が大きいという特徴があり、法人の信用力が問われます。法人の設立自体は誰でも簡単にできますが、信用力を審査するために業歴や経営状態の他に固定電話の存在も重要となります。

 

法人カード審査が参考になりました。

 

 

 

この記事に関連する記事一覧




サーチ
テーマ
最近の投稿